CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ユジク阿佐ヶ谷「チェコアニメの夜2017」 | main | ストップモーションアニメーション「KUBO」が間もなく公開! >>
Macの標準機能でコマ撮り素材のリネーム処理

コマ撮りした素材のリネーム処理に今まではShupapanというソフトを使っていたんですが、しばらく更新もされてないみたいだし今後の事も考えてmacOS標準のリネーム機能を試してみました。

 

OSの標準機能としてYosemite以降ファイル名の一括変更や連番付けが非常に簡単になったそうで、今までまったく使ってなかったんですが調べてみるとかなりお手軽に処理できそうです。

 

 

まずはリネーム処理するファイルをまるっと選択。右クリック(またはControl+クリック)で出るメニューから「◯項目の名前を変更…」を選びます。

 

 

メニューには「テキストを置き換える」「テキストを追加」「フォーマット」の3つがあります。今回のリネーム処理では連番を付けるので「フォーマット」を選択。

 

 

続いて名前のフォーマットから「名前とカウンタ」を選びます。インデックスとカウンタの違いはインデックスでは開始番号がそのままファイル名になるのに対しカウンタでは開始番号を5桁の数字で表記してくれるのでコマ撮り素材の連番付けにはこちらが便利。(この場合、インデックスだと「コマ撮り1.JPG」カウンタだと「コマ撮り00001.JPG」となります)

 

最後に「名前の変更」ボタンをポチッと押せば・・・

 

 

サクッとリネーム処理が完了。おぉ!思っていた以上に簡単便利ですな。確かに専用ソフトの方がいろいろ痒い所に手が届く機能が搭載されていたりと便利なところもあったりしますが、コマ撮り素材のリネーム処理だけを考えれば複雑な手順もいらず手軽に一括処理できるOS標準の機能で事足りますね。

 

JUGEMテーマ:アニメーション

| Tips | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog41.kim-koubou.com/trackback/1270231
トラックバック