CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
AppleのMotionでコマ撮り画像を読み込む際の注意点
アニメーション制作によく使われているソフトといえばAdobeのAfter Effectsですが、同じくコンポジット系映像編集ソフトであるAppleのMotionも負けてません。なにより5,000円と非常に安価。MacユーザーならMotionを使わない手はありません。

んで、今回はコマ撮り撮影した画像をMotionで読み込む際の注意点などを上げてみたいと思います。


まずはMotionの上メニューからファイル>読み込むを選択。読み込む全てのファイルを選択した状態で「イメージシーケンス」のチェックボックスにチェックを入れて「読み込む」をポチっと押します。これで連番ファイルをひとつのムービーとして読み込めます。ここでひとつ注意点をば。コマ撮りした画像は連番ファイルとして管理してるかと思いますが、Motionでイメージシーケンスとして読み込む際にはファイル名に注意が必要です。連番の数字部分ですが、こちら3桁以上の数字を入れるようにしてください。2桁以下だとイメージシーケンスとして読み込むことができないので注意。

Motionで読み込んだイメージシーケンスは、1画像1コマなのでプロジェクト作成時のフレームレートで前もって調整しておくと良いかと。


また、Motionの画面左側のインスペクタの情報にあるタイミングから速度を変更できるのでそちらから調整する事も可能です。

本来ならMotionでカットを作成してFinal Cut Proで編集という流れになるかと思いますが、短い尺のアニメーションならMotionだけでも十分作れます。価格も安価なので、ちょっと試してみたい人にとっても魅力的かと。初めての人にとっては、操作等ちょっと敷居の高いアプリかもしれませんが、解説書なんかも販売されているので、Macユーザーでアニメーション作成に興味のある人にはぜひ試して欲しいなと。

Motion(5,000円)


| Tips | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
PCレスなコマ撮りアニメーション作成環境
最近はタブレットやらスマートフォンやらとやろうと思えばかなりの作業がPCレスで出来てしまう環境が整いつつあります。で、個人的にも興味のあるコマ撮り(ストップモーション)アニメーション作成もPCレスな環境を検討してみようかなと。

ツールとしてはもう完全に環境が整っていると言っても過言ではない状態です。とりあえず個人的にオススメなアプリを紹介しつつ環境構築の話しでも。

まずは、ハードウェア。これはまず何を言ってもiPadがいいなと。まぁ、個人的な趣向がだいぶ含まれてますが、コマ撮りアニメーション作成の為のアプリが結構充実しています。しかも結構本格的。それともうひとつ、iPhoneかiPod touchもあると非常に便利。これは後ほど書きますが、コマ撮りアニメーション作成アプリのいくつかにiPhoneやiPod touchなんかをリモートカメラとして使えるものがいくつかあるので持ってると非常に便利です。



続いてアプリです。アプリは個人的にオススメなのが、Mac用コマ撮りアニメーション作成ソフトとして有名なBoinxのiStopMotionのiPad版。有料アプリですが、さすがMac版の実績があるので使いやすいです。で、このアプリは上でも書いたようにiPhoneやiPod touchなどのiOSデバイスをリモートカメラとして使えるアプリもリリースされてます。iPhoneやiPod touchをリモートカメラとして、iPadの大きい画面で確認しながら撮影と、この組み合わせ最強です。ちなみにですがiOSデバイスをリモートカメラとして使えるアプリはMac版iStopMotionからも使えます。

iStopMotion for iPad(850円)
iStopMotion for iPad - Boinx Software

iStopMotion Remote Camera(無料)
iStopMotion Remote Camera - Boinx Software

さて、撮影したら編集や音楽をつけたりしたいところ。えぇ、もちろんその手のアプリも多数そろってます。ここはやはりApple純正のiMovieとGarageBandをオススメしたいなと。

iMovie(450円)
iMovie - Apple

GarageBand(450円)
GarageBand - Apple

というわけで、撮影から編集、音楽までPCレスで十分制作可能です。作成したコマ撮りアニメーションはiMovieから直接YouTubeなどに公開もできます。今度、初心者向けiOSデバイスを使ってのコマ撮りアニメーション作成マニュアルでも作って公開してみようかな?
| Tips | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
メモ:iStopMotionでiOSデバイスをリモートカメラとして使う時の注意点
先日、あれ?という事があったのでメモを兼ねたエントリーです。

iStopMotionはiPhoneなどのiOSデバイスをリモートカメラとして使えます。で、先日、Mac版iStopMotionからiPhoneをリモートカメラとして使おうとしたところ、Mac側のiStopMotionで表示が縦位置でおかしくなってしまいます。もちろんiPhone側は横位置で表示も問題なし。なぜかMac側のiStopMotionでの表示だけがおかしい・・・しかも変に拡大されて画も荒いです。うーん、しょうがないのでiPad版iStopMotionを起動、こちらは問題ありませんでした。というわけで、iPhoneをリモートカメラとしてiPad版iStopMotionで撮影しました。

さて、その後に気づいたんですが、iPhoneの画面回転ロックがかかったままだったのが原因かも?と、ロックを解除してMac版iStopMotionを起動してみると・・・問題なく表示されました。とはいえ、ロックがかかった状態でもiPad版iStopMotionでは問題なかったんですけどねぇー。Mac版特有の注意点かも。

普段、iPhoneは画面回転ロックをかけたままなので注意が必要ですな。


iStopMotion 3(4,300円)Mac版
iStopMotion 3 - Boinx Software

iStopMotion for iPad(850円)iPad版
iStopMotion for iPad - Boinx Software

iStopMotion Remote Camera(無料)
iStopMotion Remote Camera - Boinx Software
| Tips | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
iStopMotionでのコマ撮り作成動画
Macで数少ないコマ撮り専用ソフトiStopMotionの作成サンプル動画をact2が公開してます。



こちらはact2取り扱い製品の紹介サイト。
http://blog.livedoor.jp/act2movie/

で、この中で上記動画が掲載されてます。
http://blog.livedoor.jp/act2movie/archives/1279636.html

Home版をact2から購入してますが、Express、Pro版のリリースが待たれます。
Coming Soon!の状態がしばらくつづいてますが、いつリリースになるんでしょ?


Mac ソフトのことなら act2.com
| Tips | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Premiere Pro CS4でコマ撮りアニメーション
コマ撮りアニメ制作に便利な機能があるので紹介。

静止画ファイルを読み込む際に連番ファイルとして読み込めます。
静止画ファイル読み込み時に「連番付き静止画」のチェックボックスをチェック。



ひとつのファイルとして読み込まれます。



ただフレームレートは29.97fps固定のよう。
フレームレートを選択できないのは不便ですが再生速度の調整で代替。





スライダーをドラッグして調整します。
50%で秒15コマ、33%にすれば秒10コマぐらいになります。

次アップグレードでは連番付き静止画の読み込み時にフレームレートも選択できるようになると良いなと。

もう一つ、この機能の便利なとこは最大4096×4096ピクセルの静止画まで読み込み可能な事。
画像処理ソフトでリサイズする必要がなくなります。


| Tips | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
新しいQickTimeXの問題点
ストップモーション(コマ撮り)アニメ作成に非常に便利な機能「イメージシーケンスを開く」がSnow Leopardになり新しくなったQickTime Xには搭載されてません。



非常に便利な機能だけに新しいQickTimeでなくなってしまったのは残念。
ただSnow Leopardで新しいQickTime Xと旧QickTime 7は併用できるのでとりあえずは問題ないかなと。
別途QickTime 7をインストールするにはMac OS X Snow Leopardのカスタムインストール及びMac OS X Snow LeopardのインストールDVDにあるオプションインストールフォルダにあるオプションインストールからインストール。
尚、インストール先はアプリケーションフォルダ内のユーティリティフォルダの中になります。

家の環境ではSnow Leopardを上書きインストールしたためか、別途インストールする必要もなく上記フォルダ内に移動してました。

しかし、今後の事を考えると「イメージシーケンスを開く」機能は復活して欲しいなぁ〜と。
| Tips | 06:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
レンズベビーでコマ撮りアニメ
昨年末に購入したレンズベビーコンポーザー
このレンズを使用してコマ撮りアニメを作ったら面白いのでは?
という事でサンプルムービーを作ってみました



使用したカメラはNikon D40
試しという事もあり撮影枚数が少ないのでループさせてます
撮影した画像をCapture NXでパッチ処理
※主に白黒変換&リサイズのみ、ほとんど手は加えてません
ループさせる為にリネームソフトで最後の画像から頭の画像へと順番に数字を振り分け別途画像を用意
Quick Timeの「イメージシーケンスを開く」でムービーへ書き出し
※フレームレートは15フレーム/秒を選択
書き出したムービーを編集ソフトで適当に繰り返しさせて最終書き出し
以上

実際に試しで作成してみましたが結構面白いデス
今、製作中のものに部分的に使用してみようかな?



| Tips | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シャッタースピードとフリッカー
肉眼ではあまり意識しませんが、電圧の変化等で照明の明るさは微妙に変化してます。
コマ撮り撮影している時なんかは撮影画像を後でつなげてみると良くわかると思います。
この明滅(フリッカー)は撮影時のシャッタースピードを遅めにするとおさえる事が出来ます。被写界深度を浅くとりたい場合なんかは明るくなりすぎないよう工夫が必要ですが…
逆にフリッカーを利用して面白い映像を撮る事もできるんで状況次第で使い分ける感じですかねぇ。。。
| Tips | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コマ撮り動画変換 Quick Time Pro
Macでストップモーション(コマ撮り)・アニメを作るなら、ぜひQuick TimeをPro版にしておきましょう。非常に便利な機能があります。
撮影した画像を一枚一枚、編集ソフトでならべて再生時間を調整となるとかなりの手間というか現実的ではありません。
そこでQuick Timeの「イメージシーケンスを開く」機能を使用。
まず撮影した画像を任意のフォルダに入れておきます。
※この際、シーンごとにフォルダ分けしておくと便利
そしてQuick Timeの「ファイル」メニューから「イメージシーケンスを開く」を選択。
先ほどフォルダに入れておいた最初の画像を開きます。
するとフレームレートを選択するダイアログが表示されるので任意のフレームレートを選択します。



あとは編集用の動画形式で書き出せばできあがり。非常に便利&簡単です。
Quick TimeのProキーはApple Storeで3,400円で購入可能。
編集にはプリインストールされているiMovieを使えば出費はQuick TimeのProキー代だけで簡単〜結構本格的なストップモーション・アニメが作成できます。
| Tips | 00:32 | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
| 1/1PAGES |